インフルエンザについて

毎年、秋冬になると必ず流行するインフルエンザ。
日ごろから、予防を心掛ける事が大切です。
規則正しい生活、バランスのよい食事、十分な睡眠で免疫力を高める事が重要で
す。その中で食事に注目すると①タンパク質を多く含む肉・魚・卵。②ビタミン、ミネラ
ルが豊富な野菜や果物をまんべんなく食べる。またウィルス侵入を防ぐには身体を温
める事も大事です。鍋やスープなどは体を温め、野菜や水分も簡単にしっかり摂れる
ので、これからの時期におすすめです。魚にはインフルエンザを予防するビタミン D
が豊富に含まれており、ウィルスを撃退するのに役立つといわれています。ビタミン D
は太陽に当たる事により皮下で生成され「サンシャインビタミン」とも言われている大
切なビタミンです。しかし、夏に作ったビタミン D は、残念ながらそのまま冬まで体内
に蓄えて置くことは出来ません。こまめに日光に当たり、魚を食べてビタミン D を補い
たいものです。これから冬本番を迎えインフルエンザに負けない身体作りで、寒い冬
を乗り切りましょう。
介護職員

2021年6月20日 | カテゴリー :