ノロウイルスについて①

毎年 11 月頃から春先にかけ、ノロウイルスによる感染性胃腸炎が流行します。
ノロウイルスは感染力が強く、家族内の二次感染や、学校・高齢者施設などで集団感
染に繋がることがあります。
特に小児や高齢者は、より感染・発症し易いので家庭での予防が必要です。
予防方法
①トイレの後、料理や食事前は石鹸を使い、よく泡立てながら手と手を擦り合せて洗
い、最後に流水でよく洗い流す。
②手洗いで使用するタオルは清潔なもので共用は避け、紙タオル等を使う。
③カキ等の二枚貝は充分に加熱して調理する。
④感染の疑いがある方は入浴を控えるか、最後に入る。
家族に発症した方がいる時は、吐物や便等の汚物に多量のウイルスが含まれている
為、感染源となり得ます。
ノロウイルスは乾燥すると空中に漂い、これが口に入って感染する事があるので汚物
は速やかに処理し、使い捨てのビニール手袋やマスクを着け、紙タオル等で静かに
拭き取りましょう。
拭き取った後は塩素系の消毒剤で浸すように再度拭き取り、使った紙タオル等はビニ
ール袋等に密閉して廃棄する。以上のようなことに注意して予防を心がけましょう。
マッサージ師

2021年6月20日 | カテゴリー :