脳卒中予防と備え

小田原市は脳卒中(脳梗塞・脳出血など)で亡くなる方が、神奈川県内の市中で最も
多いことがわかっています。その原因は、高血圧、動脈硬化、糖尿病、心臓病などで
すが、ストレス、飲酒、肥満、喫煙、運動不足など生活習慣からの原因もあります。近
年、脳出血は減少、脳梗塞は増加傾向と言われ、脳卒中の 60% は脳梗塞となって
います。脳梗塞を起こす確率は心房細動がある場合、正常な人に比べ 5 倍程度高く
なります。再発率は 3 年以内に 20~30%、特に 1 年以内は注意が必要です。発症
する時間帯は朝の起き抜けと睡眠中に集中しています。就寝前にコップ 1~2 杯の水
を飲む。いつでも飲めるように枕元に水を置いておくことをお奨めします。万が一、脳
梗塞の症状が出た時には、3 時間以内にt-PA 療法を行うと劇的に症状の改善がみ
られる場合があると言われていますので、あらかじめ対応している医療機関を知って
おいた方がよいでしょう。「t‐PA 小田原」で検索をかけると調べる事ができます。
理学療法士