防災について①

東日本大震災から、2 年が経ちます。地震に限らず、いつ起こるかわからない災害の
ことを思うと、不安になる方も多いかと思います。まして、病気を抱えている方、病気
のひとを介護している方はなおさらでしょう。
万が一のときのために、防災用品をそろえておくことはもちろんですが、日常的に医
療を継続して受ける必要のある方は、ご自分の病気のことが伝えられるよう、メモを
作っておきましょう。記載する内容としては、氏名、生年月日、連絡先、病名、かかり
つけ医、血液型、飲んでいる薬、(中断できない薬、体に合わない薬、)アレルギーな
どがあげられます。一覧表にして常に携帯しておくと、緊急時、あわてないですみます
し、見知らぬ人にも協力を求める事ができます。
さらに、日頃からご近所の方や地域との交流を持ち、どんな人が住んでいるのかを知
っておくことも防災につながります。「防災訓練」に参加するだけでなく、地域の行事や
スポーツなどに参加すると連帯感、地域力が生まれ、災害時の大きな力になるでしょ
う。最近流行っているウォーキングは、健康維持にはもちろんのこと、避難する際の
脚力としても役に立ちますし、近所の地形や避難所までの経路を確認するという意味
でも防災につながります。いろいろなかたちの「防災」があります。できることからはじ
めてみませんか。

看護師