防災について②

「災害弱者」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。寝たきりの方、障害
をお持ちの方や妊婦等、避難行動が困難な方々のことです。小田原市でも、「災害時
要援護者」として対策を考えているようです。
自力で避難行動ができない方については、「災害時要援護者」として、地域の方々、
市町村に把握していただいた方がよいでしょう。
災害を未然に防ぐため、被害を出さないための取組みを「防災」と言いますが、最近、
「減災」という言葉も聞きます。「減災」とは、災害を想定した上で、できるだけ被害を
小さくする取組みのことを言います。これまでの経験や調査・研究で、災害とその被害
の範囲が予想されています。予想を踏まえて、直ぐにできる「減災」は?・・消火器を
設置する、災害が起きた場合の行動を考える等、沢山あります。阪神・淡路大震災で
の死者の約8割が、建物の倒壊や家具の転倒による圧死や窒息死であったと言われ
ています。家具の転倒防止対策は直ぐにできそうですね。ホームセンター等には、家
具の固定器具等が販売されています。さあ!「減災」対策するなら、“今でしょう!

看護師