こむら返りはなぜ起きる?

ふくらはぎや足の裏の筋肉が突然、痙攣を起こし、強い痛みを伴う「こむら返り」。夜
寝ているとき、ふと足を伸ばしかけた途端に激痛が走って、あまりの痛さにかたまって
しまった経験のある人も少なくないでしょう。
こむら返りは、就寝中に足を伸ばしたときや、普段運動不足の人が十分に準備運動
をしないまま運動をした時、プールで水泳をしたときなどに起こります。また、糖尿病
や肝疾患のある人、高齢者や妊婦などにも起きやすいことが知られています。
血液中の水分が不足していたり、電解質のアンバランスが起こると筋肉の収縮が正
常にできなくなります。 実際、運動などで多量の汗をかいたとき、下痢による脱水が
起きているときなどは、電解質のバランスが崩れ、神経や筋肉は興奮しやすくなりま
す。また、下腿静脈のうっ血やふくらはぎの過労が原因で、こむら返りが起こることも
あります。
予防には野菜や果物、海藻類、牛乳、小魚などをバランスよく食べることが大切で
す。また、運動のする際には、準備運動を欠かさないことやスポーツドリンクなどを飲
んで水分や電解質を補給することも必要です。寝る前には、軽いマッサージやストレ
ッチをすることもお勧めします。
健康運動指導士

2021年6月20日 | カテゴリー :