言語障害について

脳血管障害(脳梗塞・脳出血)後の後遺症で①構音障害②失語症と呼ばれる症状が出るこ
とがあります。会話が不自由な点では同じ様な印象ですが、症状や原因は異なります。構
音障害では、正しい言葉を選択し話すことは出来ますが、口や舌といった発声発語器官を
上手く動かす事が出来なくなり、声が出しにくく呂律が回らず、正しい発音が出来なくな
ります。失語症では、脳にある言語中枢がダメージを受け、思っている言葉が話せなくな
ったり、聞いた言葉が理解出来なくなったりします。脳卒中の後遺症では言語障害と同時
に身体が思い通りに動かなくなる運動障害や嚥下障害(飲み込みが悪くなる)が伴う事が
あります。以前、普通に出来ていたことが出来なくなり、不安やストレスを感じ、話をす
る機会の減少も考えられます。こちらから話しかける時には、短い文でゆっくりはっきり
と、必要ならジェスチャーや絵なども使用し、視覚や感覚などにも訴えかける方法をとり、
聞くときには、急がさず本人がゆっくりと話せる雰囲気を作るなど工夫し、その人に合っ
た方法でのコミュニケーションを取る様にして下さい。
言語聴覚士