口臭について②

誰もが気になる口臭、その原因には生理的口臭と病的口臭があります。
生理的口臭とは、食べ物やタバコ、アルコールなどによって生じる臭いです。
なかでもニンニク・ネギ・ニラ・ラッキョウなどは臭いを発しやすい食べ物です。
特にニンニクは腸から吸収された成分が血液中に入り、体中を回って肺から息として
吐き出されるため、いつまでも臭いが残ります。
またアルコールも本人にはわかりにくいのですが、強い臭いが漂います。ニンニクや
アルコールの臭い解消には、牛乳が効果的ですので試してみてください。
また小田原名産の梅干しやレモンにも、食べ物の臭いを薄める効果があります。
次に病的口臭とは、口の病気(虫歯、歯周病、口内炎)、鼻やのどの病気、胃腸の病
気、呼吸器の病気、糖尿病、肝臓病、腎臓病、癌などが原因の口臭です。ですがこう
した病気のなかでも最も口臭の原因となりやすいのは、やはり虫歯と歯周病です。口
臭が気になったら、まずは歯磨き。
1日3回食後の歯磨きをするのが原則ですが、日中磨けない人は朝晩は必ず歯磨き
しましょう。
とりわけ細菌が繁殖しやすい寝る前の歯磨きはしっかりと。
理学療法士